大量注文でローコストな住宅

なぜローコストなのか

注文住宅を建てる場合には、まず最初にどこの住宅メーカーにするかを決めなければなりません。一言で住宅メーカーといっても、その特徴は各社各様であるため、自分が希望する家を建てられるところをしっかりと見極める必要がありますが、もしコストを重視するのであれば、ローコストメーカーと呼ばれる何社かの中から選ぶのがおすすめです。ローコストメーカーというのは、その名の通り、戸建住宅の建築に要するコストを極力抑えることによって、低価格での住宅供給を実現しているメーカーです。コストの抑制手法はメーカーによって必ずしも一律ではありませんが、多くの場合には、なるべく使用する部材を共通化して、大量発注を行うことで規模の経済を働かせて仕入れ値を下げるという手法が用いられています。

ローコストメーカーの特徴

ローコストメーカーの特徴の一つ目は、すでに見たように圧倒的な低価格にありますが、それ以外にも他の大手の住宅メーカーにはない注目すべきポイントがいくつかあります。まず、何といっても部材を共通化することによって、似たような構造の住宅を大量に市場に供給しているという点が挙げられます。使用できる部材が決まっているので、室内の間取りなどもある程度制約があり、結果としてある程度施主の希望を盛り込んだとしても最終的に出来上がる家は同じような作りになってしまうのです。もっとも、これは決してデメリットというわけではありません。出来上がった家は多くの消費者のニーズに合う間取りとなっているため、リセール時に価格が落ちにくいといったメリットがあるのです。