設計から施工まで一貫して依頼できる

設計も施工もすべてハウスメーカーがサポート

ハウスメーカーで注文住宅を建てるメリットは、設計も施工も一社にすべて任せられるところです。注文住宅を建てるには、家の間取りや設備などを設計する設計会社と、家を建ててくれる施工会社の両方で依頼する必要がありますが、ハウスメーカーであれば、会社内に設計部門や施工部門があったり、連携している施工会社を設けていたりするので、別々に探す手間や時間が省けます。ハウスメーカーでは、設計の段階からすべて一人の営業の担当者が打ち合わせに参加し、工事の現場の同行をすることが多いです。家造りの開始から工事の完了、アフターサービスまで、窓口となるのは営業の担当者であることがほとんどなので、コミニケーションをよく取っておくことが大切です。

営業の担当者は頼れるパートナーかどうかを判断しよう!

ハウスメーカーを選ぶ際のポイントは、頼れる営業の担当者であるかというところです。注文住宅をハウスメーカーに依頼して建てる場合、設計のことから工事に関することも問い合わせのすべての窓口は営業の担当者になります。これから家造りをスタートさせるにあたって長い付き合いとなるため、信頼できる営業の担当者に出会うことが大事になります。自分たちと、営業の担当者とのやり取りで家の質も決まります。 ですから、自分たちの要望をきちんと聞いてくれるか、相性は合うか、家の工事現場にはちゃんと同行してもらえるかなどを確認しておきましょう。中には、営業の担当者が強引に押し売りしてきたり、自分たちの意見をしっかり聞こうとしなかったりすることもあります。この先長くやり取りするのが難しいと思える担当者であったなら、やめておいた方がよいでしょう。