自分たちの理想の注文住宅を建ててくれるか

理想の家造りが叶いそう?相性がマッチするハウスメーカーを選ぶ

ハウスメーカーと関わる設計や施工担当の専門家も、それぞれ得意・不得意な分野があります。そのため、自分たちの理想の設計や間取り、工法を伝えても、対応が難しいと言われることもあるかも知れません。せっかくの注文住宅での家造りなのに、要望をあれこれと断られたら不満がでてくるでしょう。ハウスメーカーの会社は数多くありますが、それぞれの会社によって注文住宅の住まいの特色は違います。 どんな設計をするのか、どのような工法で住宅を建てているハウスメーカーなのかということを、よくチェックしておきましょう。自分たちが建てたいマイホーム造りのタイプと相性の良い会社を選ぶのがベストです。そして、設計や施工のどちらとも能力は十分にあるか、ということを判断してから依頼することが大切です。

注文住宅の購入資金は余裕を持って

出来上がった一戸建てを購入するのとは異なり、注文住宅の場合は家がまだ完成してない状況で家を買うことになります。見積もりを事前にするので予定の購入額はわかりますが、注文住宅においては家が出来上がるまでに総額の費用が確定しないことがよくあります。あとになってから設計を変えたいということもありますし、打ち合わせをきちんとしていないと、大幅な修正が必要になって追加工事が必要になるなんてことも起きる場合もありえます。そうなれば、予定額を超えてしまうこともあるので、資金はゆとりを持って、問題はないか確認しておきましょう。また、ハウスメーカーとの設計の打ち合わせは入念に行い、行き違いのないように気をつけておくとよいです。